「レジェンド・オブ・トゥモロー <ファースト・シーズン>」を観た

そもそも「レジェンド・オブ・トゥモロー」ってなんぞや?って話ですが。

 

「レジェンド・オブ・トゥモロー」はDCコミックス原作のテレビドラマシリーズで、「ARROW/アロー」を中心とした「アローバース」と呼ばれる同一の世界観をもった作品群の一つです。

「ARROW/アロー」「THE FLASH/フラッシュ」「スーパーガール」に出演したヒーローの中でも若干マイナーよりなヒーロー達がチームを組み、過去・未来を時間移動しながらドッタンバッタン大騒ぎする話…で良いかな。

 

ファースト・シーズンは、「ARROW」にも「THE FLASH」にも「スーパーガール」にも出てこない、キャプテン・ハンターというイケ好かないマイナーキャラがヒーローを集め、これまた「THE FLASH」で顔出しだけしたマイナーキャラ、ヴァンダル・サベッジを倒すためにチーム(通称「レジェンド」)を作り…というのがメインストーリー。

 

すでに訳わからんと思うけど、とにかくマイナー感が否めない。

 

そもそも「レジェンド」として集められたヒーロー自体が、歴史に影響がない、と判断されて集められているので、本編でもマイナー扱いされているのだ。

 

加えて、ヒーローもののくせに素の人間が多い。

シーズン1のメインメンバーが、

 

リップ・ハンター:時間移動の知識があるただの人。
サラ・ランス:元暗殺者でただの人。
レイ・パーマー:アイアンマンとアントマンを足して3で割ったような感じ。よく壊れる。
マーティン・シュタイン:ジャクソンと合体したらファイアーストームになる。
ジェファーソン・"ジャックス"・ジャクソン:シュタインと合体したら(以下略)。
レナード・スナート:コールドガンを使うただの人。
ミック・ロリー:ファイヤーガンを使うただの人。
カーター・ホール:羽の生えた人。ホークマン。
シアラ・レニー:羽の生えた人。ホークガール。

 

いわゆるメタヒューマンがメンバーの半分しかおらず、そのうち2人は合体してようやく能力を発揮でき、残る2人も飛べるだけでそこまで強くないという地味さ加減。

 

さらにヴィランであるヴァンダル・サベッジにしても、不死身が最大の武器で、戦闘力は多分ほどほどであろう、という地味ヴィラン。敵も味方も地味だし、そもそもヴィジュアルが地味。

 

したがってヒーローものの目玉であろう派手なアクションやエフェクトはあまりなく、見どころがよくわからない。

今更普通の人間的なアクション見せられてもなぁ。

 

つまり、「THE FLASH」や「スーパーガール」的なアメコミヒーローものと思って見てはいけない。

最初に書いたけど、8+1人がドッタンバッタン大騒ぎするのを、「あ〜あ」と突っ込みながら見るのが正しい見方だと思われる。

 

しかしながら、リップハンターは説明しないくせにすぐ怒鳴り散らすし、肝心なことを話さないのが大体裏目にでるわ、レジェンドはそれぞれに好き勝手動くから作戦は上手くいかないわ、大して強くもないはずのヴァンダル・サベッジを倒せるのは雑魚のホークガールだけだわ、で、観ていてイライラする。

「THE FLASH」「スーパーガール」と、超常的な力と熱い正義の心を持ったヒーローを観た後なので余計ギャップがひどい。

 

基本的に1話完結なので話のスケールも小さくて何もかもが中途半端な印象を受ける。

群像劇を描きたいのだろうけど、歯車が上手く噛み合ってないというか、キャラが脚本に振り回されてる感じを受けた。

16話なのでなんとか観れたが…。

 

レザード・スナートは役者が好きなので応援してたけど、知的に見せかけてよく失敗しているのが何だかなぁ…。

 

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

「SUPERGIRL/スーパーガール <サード・シーズン>」を観た

まず結論だけ書くと、ファーストシーズン、セカンドシーズンより面白かった、と思う。

 

思うに、ライバルキャラ(レイン)がスーパーガールの上位互換であったため、強大な敵をスーパーガールと仲間達が力を合わせて打破する、という、目的が明確なメインストーリーとなっており、シンプルで面白かったのだと思う。

 

これまでのシーズンは、ほぼ最強に位置するはずのスーパーガールをストーリー的に無理やり苦戦させている感があり、テンポが悪くイライラさせられるところがあったが、今シーズンではレインという強力なライバルキャラが出現したため、そのイライラ感が無なり、気持ちよく観れるようになった。

 

また、スーパーガールことカーラ・ダンバースがシーズンを通して誰にも恋愛感情を持っていなかったことや、自分がどう生きたいのか考えていることなど、キャラクターがフラフラしていないのも良かった。

 

スーパーガールだけでなく、今作はキャラクターの多くがシーズンを通して各々の課題に取り組んでおり、全員が今までより魅力的に見えた。

 

さらに、メインストーリーに加えて、局地的な人間関係の変化や社会問題が自然に組み込まれており、そのおかげで人間ドラマとしてもより楽しめる骨太のシーズンになっていたと思う。

 

ざっと抜粋すると、

・アレックスとマギーのレズビアンカップルの結婚問題
・ジェームズやジョンが語る黒人差別の話題
・カーラのアイデンティティ問題
・モン=エルの成長
・女性同士の友情の話
・アレックスの家庭を持ちたいという気持ち
・ジョン親子、ウィン親子の父親との問題
・カーラとアレックスの姉妹の話題
・クリプトンのその後の話

等がメインストーリーと上手く絡まっており見ごたえがあった。

 

シーズン2はダメ人間との恋愛でグダグダになったけども、それも上手く回収しており、良いシーズンだったと思う。

スーパーガールという作品がより好きになったシーズン。

 

JUGEMテーマ:エンターテイメント

「名探偵ピカチュウ」を観た

まずもって私はポケモンは「ダイヤモンド」と「ポケモンGO」しかやっていない。

なので、ポケモンネイティブ世代ではなく、ポケモンというコンテンツ自体にそこまで思い入れはなかった。

 

しかし、この映画は良かった。ポケモンへの愛に溢れていると思う。

人間と同じ生活圏内にたくさんのポケモンが居るのが当たり前になっている世界観が最高!

映画の世界に入りたい!と思うし、実在する動物でも、これくらい自然と人間の生活圏で共存していることを想像するとワクワクする。動物は好きだし。

 

私でもそう思うんだから、ポケモン世代の人は興奮やばかっただろうな。

その点に関しては正直感動さえした。

 

話もスッキリしてて見やすかったし、クスッと笑える小ネタも満載で退屈を感じさせない作りだった。

伏線もしっかり張ってあって、最後は、「あーそういうことだったのか!」と意表を疲れたし、何よりおっさん声のピカチュウが頑張っているのが良い。純粋に応援したくなる。

 

ポケモン好きな人はたまらんかったと思う。

愛に溢れた素晴らしい作品だった。こういう作品は好き。

 

しかし、ヒロインはなぜコダックを相棒にしていたのだろう。

劇中では、いつ爆発するかわからん爆弾みたいな扱いだったし、あんな厄介なポケモン選ばなくても…。

 

JUGEMテーマ:映画

「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」を観た

若干、ながら観してしまったので、おざなりな感想になってしまうが、率直に言うと「悪いところも無いけど良いところもない」作品だった。

 

上映時間が92分ということでなんとなくお察し、って感じだが、話が小さく纏まってしまっていて、感情移入するポイントが無い。ストーリーの起伏もあまりないように感じた。


そもそも宇宙的存在であるギャラクタスに星を食われるという絶望的な状況が、作品を通じて伝わってこない。
イキった軍部が気を吐いていたが、リードとのマウンティングの取り合いに終止しており、地球を救わなければならないと言う悲壮感がまるで無かったし、ドクター・ドゥームも同じようなもん。お前ら状況分かってんのか…?

 

その危機にしても、地球全体がさもヤバイ事になっているかと言えばそうでもないので、全世界の人の危機感もほぼ無かっただろう(軍部が隠したというのもあるが)。

 

ギャラクタスに地球が食われる直前だけ天変地異が起こっていたが、見ている側としては拍子抜けする程度のものだった。

最終的にギャラクタスは去り地球は危機から救われたわけだが、その救われ方もあっさりしたもので、シルバーサーファーが何をしたのかも良く分からない。とにかく助かっていた。

 

地球を救った救世主・シルバーサーファーにしても、スーザンを見て恋人を思い出し地球を救う気になってくれた、ということは分かるが、割とあっさり助ける気になってくれた感じでもうちょい葛藤があっても良かったのでは、と思う。

 

ここまで書いて気付いたが、ファンタスティック・フォーがそんなに役に立ってないんだよなぁ。シルバーサーファーを捕まえただけど言うか。あとは軍部やドゥームと小競り合いしただけなような…。あとは身内内でトラブてっただけだな…。

 

と、色々文句ばっかり書いたけど、全体的には見れなくもない作りで、短編としてみれば及第点ではあると思う。ただ、見どころがない。微妙に残念な作品。

 

JUGEMテーマ:映画

「キングダム」を観た

原作はほぼ未読と言って良い位の予備知識だったが、機会があったので「キングダム」を観てきた。

 

一言で言うとなかなか面白かった。

 

邦画によくある安っぽさは無いし、話もテンポ良くて楽しめた。
演者もハマってたと思う。

 

攻撃でぶっ飛ぶシーンとかは漫画的な動きがそのまま再現されていて、信は軽量級だからバンバン飛ばされていた(笑)。こういう漫画演出を再現してくれるのは嬉しい。

 

原作だと信の潜在能力は漂を遥かに上回るって説明があった気がするが、そのへんの表現はほぼ無かった。原作ほどの爆発力が感じられず、信が強いのか弱いのかよく分からんので、俺つえー系が好きな人は意外と消化不良になるんではないかな?
この辺は実写だからしょうがないかもしれんが。

 

信の、誰とでも対等に話す口調や態度も、漫画だとコミカルで面白いんだけど、実写でやられるとただの残念な人というか世間知らずの痛い人感が満載で、政への絡みも王様に取り入ってるヤンキーみたいに見えて寒かった。演者はもう24歳だからな…童じゃねーしよ。

 

作中通して一番の見所は楊端和の太ももと二の腕かな。
あまり大写しなシーンはないけど、大して鍛えていない長澤まさみの弛んだ四肢が昼下がりの主婦感あって良かった。

 

あと、王騎も面白かった。大沢たかおは頑張っている。

ついでに橋本環奈も年齢不詳で可愛らしかった。いくつになっても昔のソフビみたいで面白い造形だ。

 

アベンジャーズより少し前に観ていたのだけど、あんまりおもしろ差の差は感じなかった。ってことはなかなかおもしろい作品だったのじゃないかと思う。

 

JUGEMテーマ:映画

「アベンジャーズ エンドゲーム」を観た

平成の最後に、3時間越えの大作にしてアベンジャーズシリーズの集大成、エンドゲームを観た。

 

率直に言うと、序盤で拍子抜けし、中盤で中だるみし、クライマックスとエピローグでなんとか持ち直した感。

まぁこんなもんかなー。

 

序盤はコレジャナイ感満載のトニーやハルク、マイティソー、ついでにサノスを見せられてションボリせざるを得なかったし、中盤もしょうがないよなーと思いつつも「FFでもパーティを分断させられるのは嫌だった」自分としてはナンダカナー感がパない。

 

ラストらへんのバトルはかなり熱かったけど、登場人物多すぎて1人1人の見せ場が少なく、とは言え全員に見せ場を作ったのでアイアンマンやキャップ、マイティソーの見せ場もほどほどという中途半端さがあった気がした。

 

ハルクに至っては覚醒しないしね。忘れ去られているのかと。

アベンジャーズ1のハルクが懐かしい。

 

唯一の癒やしはアントマンだったよ。
彼は話を通して色んな意味で頑張っていた。敢闘賞だと思う。

 

てな感じで色々不満は多いけど、でもこの作品は好きだ。
なぜならエピローグが良いから。

主要メンバーの殆どがこれまでと違った道に進むラストは賛否両論あるかも知れないけど、寂しさこそあれ、新しい何かが始める予感もあってなかなか良かった。
まさにこのエピローグのためにマーベル・シネママティック・ユニバースが存在していたと言っても差し支え無いし、何よりキャップが幸せになったのが嬉しい。

 

クリス・エヴァンスのキャプテン・アメリカが好きだった自分としては寂しさは否めないけども、「キャプテン・アメリカ/ファーストアドベンチャー」より続いていた彼の孤独が癒やされたと思えば、こんなに嬉しいことはない。

 

観終わって友達と感想をダベっていたらいつの間にか令和元年を迎えていた(^q^)。

 

 

JUGEMテーマ:映画

「ゆるキャン△」を観た

アニメの「ゆるキャン△」を観ました。


それなりにバズった作品ったのでなんとなく情報は入ってきており、

 

「女の子がまったりキャンプしながらうんちく語るんでしょ?オタク好きそうだねww」


とか思いながら観始めましたが、そのまったり感が思いのほか自然で心地よく、どこにハマったのかよくわからないまま一気観してしまいました。

 

若干偏見を持ちながらも気持ちよく観られたのは、登場人物のキャラクターや人間関係が【イカニモ】な漫画的表現ではなく、「あー、もしかしたらこういう女子高生も居そうかな」くらいに感じられたからだと思います。

 

高校生でキャンプするようなサークルとかあんの?とか思いましたが、立地条件考えたら無くはないかなーって気もしますし、キャンプの描写や経済感覚なんかも現実の範囲内で、すんなり受け入れることができました。

 

意外に思ったのが、メインキャラクターがつるまないことです。
別々に行動しながらもメッセンジャーでやり取りしたり、意図せずニアミスしたり、と、お互いを尊重しつつも強制はしない、そういう人間関係も良かったです。

 

内容はそんなに詰め込んでいないんですが、不思議と飽きさせないというか、そういう意味で新鮮な作品でした。

 

ラストが良かったなぁ。感情移入は出来ないけど、結構好きな作品です。

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

「SHIROBAKO」を観た

アニメーション制作現場を題材にしたアニメ、「SHIROBAKO」を観ました。

 

話の作り自体もさることながら、アニメが出来る一連の工程を上手く物語に落とし込んでいて、そういう意味でも面白い作品でした。

 

アニメは日常的に観ているものの、実際どうやって作るかなど全く知りませんでしたが、この作品を観終わる頃には「沢山の関係者の尽力があってこそ、アニメを見ることができるんだ!」と頭を下げたくなりました。

 

全体的にはゆるい雰囲気で、ドラマティックな演出は最低限に留められていると思うのですが、なんか変に引き込まれる雰囲気があって登場人物全員にまんべんなく感情移入してしまうというか、自分も現場の一員となってアニメを作っているような気分になります。

 

多分、この作品には悪い人が居ないからでしょう。

 

みんな多少のものさしの違いがあるとはいえ、アニメを一生懸命作っています。

特に主人公やその友達は、まだ駆け出しですから仕事=夢なんです。応援せずにはいられないというか。

 

主人公が「制作進行」という立ち位置は現場全体を見せるのに丁度よい立ち位置だと思いました。

逆に、何かに特化した技能があるわけではないので、少しキャラが弱いのかなぁ、とも思いましたが、この作品の良さは主人公の魅力から来ていると思うので、良い主人公だったのだと思います。

 

個人的には絵を掛ける人が好きなので、アニメーターメインのお話だったらもっと熱くエグく見れたんじゃないかと思いつつ、この作品の良さはそうじゃないんだろうなぁ、と思います。

 

いい意味で気軽に見ることが出来る良作です。

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

「キャプテン・マーベル」を観た

先週、仕事帰りに「キャプテン・マーベル」を観てきました。

GWにアベンジャーズ4が上映されるので、それまでに観ておきたかったのです。

 

アメコミは好きだけど、そこまで熟読しているわけでもマニアでもないので、キャプテン・マーベルも名前くらいは聞いたことがあるかなーくらいの予備知識しかありませんでしたが、全く問題なく楽しめました。No More 予備知識。

 

と言いつつ、予備知識がなさすぎて、序盤にニックやコールソンのっぽいのが出てきたけどどういうこと?と1人混乱してしまいましたが、そういや時代設定がアベンジャーズ結成前だった(汗)

 

時代設定が1995年との事で、劇中に登場した「ブロックバスタービデオ」や「Windows3.1 or 95っぽいポンコツPC」に、同僚のおば姉さんが喜んでいました。劇中の時代辺りにアメリカ留学していたそうだ。

 

個人的な面白さとしてはまぁまぁ。

全体的な作風は明るいんだけど、キャラクターが全員真面目だし、そもそも主人公が記憶喪失なので、ちょっと肩が凝る内容だった気がする。

 

キャプテン・マーベルに覚醒するのが最後の最後なので、アメコミならではの派手なバトルアクションを観たい人は焦らされる。

全体的に女性が大活躍で男性は情けない(笑)

女性主体なせいかシリアス気味でも陰気ではなく、観終わったあとは爽やかに気分になれる。

なんかドハマリはしなかったけど、不思議な作品でした。

 

映画を観た「T・ジョイPRINCE品川」は少しレトロな雰囲気があるものの、座席は綺麗で広いし7.1chサラウンドにも対応していて、快適でした。平日だと人が少ないので尚更かも。

 

JUGEMテーマ:映画

「恋は雨上がりのように」を観た

原作は少し読んだことがあるので、作品の雰囲気は分かっているつもりでした。

 

が、アニメを見る前は、

 

「オジサンと女子高生の心のふれあいを描いた恋愛もの」

 

という印象だったのが、アニメ観終わったあと、

 

「オジサンと女子高生がお互いのふれあいを通じて本来の自分に戻る話」

 

に変わりました。


夢を諦めてしまったオジサンが女子高生とのふれあいを通じて過去の自分を思い出し、その夢と寄り添って生きることを決める。

そして、あきらは、怪我で離れてしまった陸上の世界に戻る。

 

原作が未完のため「それを感じさせる終わり方」でしたが、今後の2人の関係性も含めて、爽やかな終わり方が好感を持てました。

 

自分の性別や年齢もあって、完全に店長目線で観ていました。

女子高生に好意を持たれて、拒絶しつつもやっぱり気にしてしまうところや、自分はもう何もないと自嘲気味なところ、あきらのことをジェネレーションギャップに戸惑いつつも眩しいと感じてしまうところ、が個人的にですが凄く共感できました。

 

とはいえ、リアルかというとまた違うと思いますが…女子高生に対して如何わしい発想をせず、ひたすら人生の先輩として寄り添う店長は、極めて一部の善良なオジサンだと思います。ある意味ファンタジー。

 

店長とあきらの心情をメインに掘り下げる作品だと思うのですが、感情をセリフで表すのではなく、天候(主に雨)や表情、効果音や間、等のエフェクトで表しているのも風情があって良かったです。全体的に間を大事にする作風だったので、その点見る側を選ぶ作品ではあると思います。

 

その他にも好きなところは、

 

・爪の描写が綺麗
・背景が綺麗

・雨の描写が綺麗

・あきらがこっそりはしゃぐところが微笑ましい
・店長が自分とダブる(夢を諦めきれないところとか)
・色味とかがオレンジロード臭くていい

・基本的に悪人が居ない

・店長のモデルが後藤喜一

 

原作も読みたい。

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ