「キングダム」を観た

原作はほぼ未読と言って良い位の予備知識だったが、機会があったので「キングダム」を観てきた。

 

一言で言うとなかなか面白かった。

 

邦画によくある安っぽさは無いし、話もテンポ良くて楽しめた。
演者もハマってたと思う。

 

攻撃でぶっ飛ぶシーンとかは漫画的な動きがそのまま再現されていて、信は軽量級だからバンバン飛ばされていた(笑)。こういう漫画演出を再現してくれるのは嬉しい。

 

原作だと信の潜在能力は漂を遥かに上回るって説明があった気がするが、そのへんの表現はほぼ無かった。原作ほどの爆発力が感じられず、信が強いのか弱いのかよく分からんので、俺つえー系が好きな人は意外と消化不良になるんではないかな?
この辺は実写だからしょうがないかもしれんが。

 

信の、誰とでも対等に話す口調や態度も、漫画だとコミカルで面白いんだけど、実写でやられるとただの残念な人というか世間知らずの痛い人感が満載で、政への絡みも王様に取り入ってるヤンキーみたいに見えて寒かった。演者はもう24歳だからな…童じゃねーしよ。

 

作中通して一番の見所は楊端和の太ももと二の腕かな。
あまり大写しなシーンはないけど、大して鍛えていない長澤まさみの弛んだ四肢が昼下がりの主婦感あって良かった。

 

あと、王騎も面白かった。大沢たかおは頑張っている。

ついでに橋本環奈も年齢不詳で可愛らしかった。いくつになっても昔のソフビみたいで面白い造形だ。

 

アベンジャーズより少し前に観ていたのだけど、あんまりおもしろ差の差は感じなかった。ってことはなかなかおもしろい作品だったのじゃないかと思う。

 

JUGEMテーマ:映画

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL