「名探偵ピカチュウ」を観た

まずもって私はポケモンは「ダイヤモンド」と「ポケモンGO」しかやっていない。

なので、ポケモンネイティブ世代ではなく、ポケモンというコンテンツ自体にそこまで思い入れはなかった。

 

しかし、この映画は良かった。ポケモンへの愛に溢れていると思う。

人間と同じ生活圏内にたくさんのポケモンが居るのが当たり前になっている世界観が最高!

映画の世界に入りたい!と思うし、実在する動物でも、これくらい自然と人間の生活圏で共存していることを想像するとワクワクする。動物は好きだし。

 

私でもそう思うんだから、ポケモン世代の人は興奮やばかっただろうな。

その点に関しては正直感動さえした。

 

話もスッキリしてて見やすかったし、クスッと笑える小ネタも満載で退屈を感じさせない作りだった。

伏線もしっかり張ってあって、最後は、「あーそういうことだったのか!」と意表を疲れたし、何よりおっさん声のピカチュウが頑張っているのが良い。純粋に応援したくなる。

 

ポケモン好きな人はたまらんかったと思う。

愛に溢れた素晴らしい作品だった。こういう作品は好き。

 

しかし、ヒロインはなぜコダックを相棒にしていたのだろう。

劇中では、いつ爆発するかわからん爆弾みたいな扱いだったし、あんな厄介なポケモン選ばなくても…。

 

JUGEMテーマ:映画

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL