「恋は雨上がりのように」を観た

原作は少し読んだことがあるので、作品の雰囲気は分かっているつもりでした。

 

が、アニメを見る前は、

 

「オジサンと女子高生の心のふれあいを描いた恋愛もの」

 

という印象だったのが、アニメ観終わったあと、

 

「オジサンと女子高生がお互いのふれあいを通じて本来の自分に戻る話」

 

に変わりました。


夢を諦めてしまったオジサンが女子高生とのふれあいを通じて過去の自分を思い出し、その夢と寄り添って生きることを決める。

そして、あきらは、怪我で離れてしまった陸上の世界に戻る。

 

原作が未完のため「それを感じさせる終わり方」でしたが、今後の2人の関係性も含めて、爽やかな終わり方が好感を持てました。

 

自分の性別や年齢もあって、完全に店長目線で観ていました。

女子高生に好意を持たれて、拒絶しつつもやっぱり気にしてしまうところや、自分はもう何もないと自嘲気味なところ、あきらのことをジェネレーションギャップに戸惑いつつも眩しいと感じてしまうところ、が個人的にですが凄く共感できました。

 

とはいえ、リアルかというとまた違うと思いますが…女子高生に対して如何わしい発想をせず、ひたすら人生の先輩として寄り添う店長は、極めて一部の善良なオジサンだと思います。ある意味ファンタジー。

 

店長とあきらの心情をメインに掘り下げる作品だと思うのですが、感情をセリフで表すのではなく、天候(主に雨)や表情、効果音や間、等のエフェクトで表しているのも風情があって良かったです。全体的に間を大事にする作風だったので、その点見る側を選ぶ作品ではあると思います。

 

その他にも好きなところは、

 

・爪の描写が綺麗
・背景が綺麗

・雨の描写が綺麗

・あきらがこっそりはしゃぐところが微笑ましい
・店長が自分とダブる(夢を諦めきれないところとか)
・色味とかがオレンジロード臭くていい

・基本的に悪人が居ない

・店長のモデルが後藤喜一

 

原作も読みたい。

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

「ブラック・スワン」を観た

何気なく「ブラック・スワン」を観た。

 

バレリーナの主人公(ニナ)がひたすらストイックすぎておかしくなっていく映画、という先入観があったので期待してみたが、思いのほかグロ描写が多くて引いた。

ジャンル的にはサイコスリラー映画となっていたので、知っておけば心の準備ができたのだが。

 

途中が退屈だったよーな。

ラストらへんはかなり臨場感あってよかった。

舞台のシーンがもうちょっと観たかった。

オチはバッドエンドなんだろうけど、救いがあるし、もしかしたら最悪の状態じゃないかもしれないという希望もあって結構好き。

 

人間、なにか大きいことを一つできれば、それだけで幸せな人生だと思う。

そういう意味ではニナは幸せだし、幸せの絶頂で終わりを迎えることができたと思えば最高の人生だと思う。

 

それにしても、ニナは優等生タイプとはいえ、情動的にやれと言われたくらいで、ここまで精神状態を悪化させるだろうか。

先輩プリンシバルの凋落やライバルの出現があるとは言え、実績のあるバレリーナであるわけで、それなりに修羅場はくぐってきていると思うのだが。

 

人間、何が起こるかわからないということだろうか。

 

ひたすらナタリー・ポートマンを鑑賞すると考えれば素晴らしい作品だと思う。

 

 

JUGEMテーマ:映画

呂布に襲われた夢

呂布に追われて巨大ショッピングモールの中を逃げ回っている。

俺(もしくは俺が知っている何か)が世界を滅ぼすキーになるらしい。
呂布は強く、味方全員の力を集結しても逃げるのが精一杯だ。
バッファローマンのパワーでなんとか足止めできる状況だ。
ウォーズマンが身を犠牲にして助けてくれた気がする。他にもたくさんの超人が居たと思う。
 
3Fまで逃げたがついに呂布に捕まり、世界を滅ぼす片棒を担がされた。
即、殺されるかと思ったが、呂布曰く「世界が滅びる様を見てから殺してやろう」とか言うので余命が伸びることになった。
が、なぜか世界は何も変わらない。世界は滅亡しなかったようだ。
狙いが外れ激昂した呂布のスキを狙って逃げた。
「一箇所に固まるなよー」とか言いつつ、呂布が来なさそうなルートで1Fまで逃げた。
で、倉庫みたいなところで味方になんか(「死なない程度に足止めよろ」みたいなこと?)言ったところで目が醒めた。

JUGEMテーマ:日記・一般

「面倒くさい」って感情は危ない

最近、祖母が入院した。

病状的にはあまりよろしくないようだ。

 

元気だけが取り柄の人だったし、

仮にも二十歳まで同じ屋根の下で暮らした家族である。

心配だったので帰省も兼ねてお見舞いに行った。

 

想像以上に衰えていて、正直なところショックだった。

正月会ったときは元気だったし、新年会でたくさん飯食っていたのに。

話し声も弱々しいし、元々遠かった耳がなお遠くなっていて、会話するのも以前ほど楽ではない。

何より、アレだけ食欲旺盛だった人がご飯をほとんど食べられないということが衝撃的だった。(食欲がないことはもちろんだが、ご飯をスプーンで口に持っていくのも手がおぼつかない)

 

そんな状態なので、お見舞いに行ったところで、さして会話できるわけでも暇を潰してあげられるわけでもなく、ただ居るだけ。

何か元気づけられればよいと思っていたがそれどころではない。

 

「家に帰りたい」「こんなところにいたら治るものも治らん」

 

そんな事言われても反応に困るし、見ていても辛い。

なるべく一緒に居てあげたいと思う反面、とっとと帰りたいという気持ちもほんの少し湧いた。

 

なぜなら、「面倒くせぇ」と感じたから。

 

「面倒くさい」と表現したが、その中にはいろいろな想いはある。

こんなに衰えた祖母を見るのが辛い、とか、間が持たない、とか。

お見舞いに来られると却ってしんどいんじゃなかろうか、とか。

総じて、「面倒くさい」という気持ち。

 

そして、父親に至ってはほとんど病室に入ってこない。

自分の母親が病気なのに。

 

こちらも、多分、面倒なんだろう。

祖母に対する気持ちより、面倒という気持ちの方が勝っているのだと思う。

そして、その気持が露骨に行動に現れているわけだ。。

 

祖母の治療に消極的なのも、ザックリ言えば面倒だからなのだろう。

自分が積極的に関われば関わるほど面倒と感じることは増えるだろうから。

 

はっきり言うと祖母を心配する気持ちより面倒くさいという感情のほうが上回っているわけだ。

下手をすると(以下略)

 

そう考えると、面倒くさいという感情は非常に危ない。

他人を思いやることも、何かにチャレンジすることも、「面倒くさい」の一言で有耶無耶にできてしまう。

 

私にしても、東京から帰省するのは面倒くさい。

だけども、祖母、というか、家族に対する愛着や義理があるから、多少の面倒は気ならない。

だが、色んなことが一気に起こると、面倒くさい気持ちが勝ってしまって、本当はやらなければいけないことを放棄してしまうかもしれない。

 

「面倒くさいから」という気持ちは何かをやらない理由にはならない。

もし自分が何かを放棄するとしても、そのときは明確な理由を持って然るべきだと思う。

 

私も基本的に面倒くさがり屋なので、戒めとしてここに記載しておく。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

デウス=エクス=マキナ降臨!【機操神 超地獄級】覚醒ホルス・ベジットパ

デウス=エクス=マキナ降臨

ラーパで何度か挑んで失敗したデウス=エクス=マキナにこのPTでノーコンクリア出来たのでメモ。
とりあえずクリア出来ただけで安定感は不明。
中ボス、ボスに威嚇が刺さるので、エキドナとベジットを使いつつ殴り合いする方針。
火力はあんまりない。
メンバーを変更する場合、初ターンでラーがスキルを発動できるようにスキブを詰むこと。

PTは全員スキルマ・エキドナ以外+297。
以下、攻略手順。

■バトル1
サンバーストナックルでワンパン。
いろいろされるので早く抜けたい。殴り合いは無理。

■バトル2
どれが出てきても普通に倒せる。
減らしすぎると即死が来るがそれ以外は耐えられるのでいちゃつきながら倒す。

■バトル3
どいつも結構硬いが、ヘマしなければ普通に殴り合いで倒せる。

■バトル4
ここも殴り合いで普通に倒す。ハダルの場合25%を切ると即死が来る。

■バトル5
普通に倒せる。

■バトル6
根性があるが、このPTでワンパンは無いと思うので気にしない。
目一杯コンボ組んで殴る。お邪魔と毒を作られて危なくなったらベジットを使う。

■バトル7
5ターンダメージ半減されるので全然ダメージが通らない。

クリアした際は、

初手威嚇から半分近くまで減らす
 ↓
動き出していろいろ色々やられたが耐える
 ↓
ベジット使用・倒す

でクリア。
即死ダメージは無いのである程度は耐えつつ殴り合い可能だった。

お邪魔・毒生成の攻撃があるので、威嚇を外してドロリフ要員を入れたほうがいいかも。


JUGEMテーマ:ゲーム