オリオンをなぞった

昨日はYAMAHAのドラム教室ミニコンサートでした。

YAMAHAなんで、生徒の大半がミディアムテンポで著名な選曲をしている中、「オリオンをなぞる」なんぞを叩いてきました。

譜面を忘れた&音源を間違って持ってきたりで始まる前からグダグダだったんですが、本番はリハ以上に失敗してしまい、正直やるせねぇ。

超切ない。

ただ、「オリオンをなぞる」自体はなかなか良い選曲だったようで、同クラスの方からは、“曲の”評判が良く(俺に対する評判は知らん)、アニソン&タイバニ普及に貢献できたと自負しております。

その後の飲み会も、まぁまぁ楽しかったです。
俺は途中編入で今のクラスに入ったので、ぼっちだったのですが、少しは打ち解けました。

やっぱ、演奏を聞かせてもらうと人間性が分かって話しやすくなります。

とりあえず、今のクラスはみんなロック好き&無茶ばっかりするYAMAHAらしくない人たちでした。
発表会では浮いてましたが、良かったと思います。


先生の演奏は四肢が全く違うリズムで動いていて、キモいぐらいでした。
正直、今の自分の延長上でああいうことが出来るようになるとは到底思えないです。
全く別次元の世界でした。。。





JUGEMテーマ:音楽

お盆休みの実家

で、写真撮ってきました。

実家は築70年だか80年と思われ、陥落寸前の幽霊屋敷レベルの物件です。
そろそろ廃屋になる可能性が出てきたので、思い出に撮っておこうかと思いまして。

写真としては面白いので、アップしようかな〜と。

・・・思ったんだけど、なんか落ち着いて写真見てたらボロ家過ぎて若干引いてきた・・・。

ま、いっか。

田舎の安穏とした風景を味わってください!!

的な!!!!!!



納屋の前。



物干し竿に結んでいる灰皿。
ちなみにオヤジしかタバコは吸わない。マジファック。



よく分からん状態の洗濯物。



ボイラー。



渇水で止められててもなぜか出る水道。



玄関。



てな感じで。

もう数年はもって欲しいですね・・・。

親が見たらキレられそうな日記だなぁ。

JUGEMテーマ:写真


思い切り劣化を指摘された話

 つい先日、仕事帰りに美容院に行きました。
で、筋トレの話やダイエットの話をみんなでしていたのですが、私担当の美容師さんが一言、

「でも、はしろうは格闘技やってたときが一番凄かったよね。」


!?どういうことだってばよ!?


「あの頃は筋肉に張りがあった。」
「肩をマッサージしてても指が入らなかった」
「昔は、ボクサーって感じの筋肉だったよね。」

等々・・・。

確かにあの頃、格闘技の練習は週一とはいえ強制労働クラスの運動を強いられてたし、筋肉痛が取れないまま翌週の練習に参加するくらい、キツイこともあった。
しかも、その上間でジムも行ってたし・・・。
運動量と運動強度が減ったのは分かってたけど、体重もあの頃よりは減ってるから締まってるに違いないと思っておりましたが、思い込みでしたかー!!!

なんかショックだぜ!!

体力が落ちているのは自覚していたし、バンド練習もやってるから、昔ほどはトレーニングできていないのは分かっていた・・・分かっていたつもりでした・・・が。

うわー!!俺はなっちゃいなかった!!

そんなわけでお盆明けからは心を入れ替えて頑張ります。

あと、ウエイトトレーニングだけでなく、実際に体を動かすことも大事なんだろうな、と再確認しました。

いやー、遠慮のない人の意見は参考になるわぁ〜アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

大人のバーベキュー



昨日はYAMAHAのメンバーと多摩川でバーベキューをしてきました。

一時は雨も降る微妙な天気でしたが、テントのおかげでなんとか・・・。
夕方になると雨もやんだし、程良く風もあって気持よかったです。




火はリリンの生んだ文化の極みだよ。




今回は食材、機材、後片付け全て配達業者からのレンタルで行いました。
こっちがやるのは食べるだけ!!おっとな〜!!




俺がおもいっきり寝坊したので代わり買ったコンビニおにぎり・・・。
俺はなぜこんな日にまで寝坊を・・・。1時間半も遅れてスイマセンorz




焼きそばもセットに入ってたよ。
野菜は予め切ってあるし、鉄板に油も塗ってあります。

至れり尽くせり。


多摩川はいいとこっすなぁ〜!!
この夏にもう一回くらいはバーベキューやりたいね。


JUGEMテーマ:日記・一般

「振り向くな君は」

振り向くな君は

あらすじ:
五年前に亡くなった名選手・成神龍。
彼は生前、合宿先の少年・犬童かおるにサッカーを教える。

「かおるの才能、それは天が授けたもんだ。タイプは俺に似てるがかおるの方がはるかに純度が高い。天才だよ。」
「うちの息子の蹴治は凡人だよ。特別なものを持っていない。むしろハンデを抱えているともいえる。しかし・・・努力ができる。その点は5歳にして超人の域だ!!」

「二人をつなげることが俺がサッカーに出会った意味なのかもしれない。」

数年後、その二人は、訪れた龍の母校・桜木高校の練習試合で急きょ、後半戦から出場することになる。
蹴治とかおるがピッチに立った時、奇跡が生まれる‥‥!!


ってな感じで作品紹介作ってみたんですが、もう設定聞いただけで高まらんかい!?

喘息持ちで一見ひ弱な蹴治がゴール前で一瞬見せるストライカーとしての輝きにスカッとし、広い視野をもつパスの天才・かおるの献身的な頑張りに涙し、お互いに唯一無二のパートナーとして支えあう二人の姿を見守りつつ、感動に浸っていたものだ。


ところが!!

マガジン編集部の野郎、この名作を打ち切りにしやがった!!


もったいねぇ〜!!!



「新本格的サッカー漫画」を銘打って始まったこの漫画だが、どちらかというとキャラクターの心情や人間ドラマの描写に力を入れていたように思う。
名シーンにはそれに対してリアクショアン&解説をする第三者が必ずいるし、回想シーンも多い。
(同じサッカー漫画なら「シュート!」、スポーツ漫画なら後半の「スラムダンク」に作風が近い気がする。)

そんな素晴らしいこの漫画を俺は毎週楽しみにしていたわけだが、あいにくこの続きを読むことは適わなくなった。
この作品はただの打ち切り漫画として、漫画界に名も残さず殆どの人の記憶にも残らないまま消えてしまうわけだが(現在、wikipediaにも項目がない!!)、それは非常にもったいない!!

サッカー巨編!!とならなかった分、短編サッカー漫画として、気軽に読める好機を得た、と思おう。
正直、荒削りだし、100人中100人が支持するような漫画ではないかもしれないが、好きな人は間違いなくツボにハマると思う。

もし見かけた際にはぜひ読んでもらいたいです。


振り向くな君は